歯列矯正

裏側矯正について

投稿日:

目立たない歯列矯正といえば、

歯の裏側にブラケットとワイヤーをつける

裏側矯正があります。

接客業や芸能人で

裏側矯正をしている人は

とても多いです。

 

売れっ子芸能人は

所属事務所から

裏側矯正をするように

言われることもあるみたいです。

 

 

裏側矯正をしている芸能人といえば、

 

指原莉乃さん

 

くわばたりえさん

 

マツコデラックスさん

 

本田翼さん

が有名です。

 

皆さん、

とても歯並びが綺麗ですね。

 

 

そこで・・・

裏側矯正のメリット・デメリットを

まとめてみました。

 

【メリット】

○装置が目立ちにくい

大きな口を開ければ見えますが、

普通に話をしている状態では

見える事がありません。

固定中、

見える事はないので、

誰にも気づかれずに

歯並びを治す事ができます。

 

 

○虫歯になりにくい

歯の裏側は

唾液に触れている時間も多いため、

常に新しい唾液が循環して

虫歯菌になる事を防いでくれます。

 

 

○口内炎になりにくい

口内はとてもデリケートです。

表側矯正は

全てのブラケットやワイヤーが

頬裏の皮膚に触れているので

喋るたびに器具が刺さったり

ひっかかったりしてしまい、

頬内側に口内炎ができやすくなります。

大体、

2〜3週間すれば慣れてきますが、

裏側矯正であれば

頬内側に口内炎ができる事はありません。

しかし、

舌には直接触れる為、

舌が傷つく事があります。

 

 

【デメリット】

○治療費が高い

表面矯正は約60万円〜100万円

裏側矯正は約100万から150万

が平均と言われています。

 

 

○喋りづらい

直接舌に触れる所に器具が付いているので

慣れるまでは滑舌が悪くなります。

トーク番組にもよく出ている

指原莉乃さんは、

最初慣れるまで全然話せなくて

仕事が終わってから

毎日泣いていたと言ってました。

くわばたりえさんは、

口の中に丸めたアルミホイルを

入れてる感じと表現していました。

 

 

○表側矯正よりも治療期間が長い

今では医療も進歩し、

昔ほど治療期間に差がなくなってきたと

言われていますが、

それでも表側矯正より

3ヶ月〜6ヶ月は

多く治療する事が多いようです。

 

 

 

以上、

裏側矯正のメリット・デメリットでした。

是非、参考にしてください。

-歯列矯正

Copyright© アラサー女子の決意の歯列矯正 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.